自動化するAndroid端末での下準備

frepを動作させるための第一ステップです。ここでの作業はすべて自動化する端末(スマホorタブレット)で行います。
1度設定してしまえばOK。

Frepをインストール

下のリンクからインストールできます。PlayStoreから「frep」で検索でもいけます

Google play FRep – Finger Replayer
FRep - Finger Replayer
制作: strAI
評価: 3.9 / 5段階中
価格: 無料 (2015/7/14 時点)

ダウンロード

 

非常に有用なアプリです。慣れてきて3枠に不満がでてきたら400円と格安なのでアンロックキーの購入をおすすめします。

インストールが完了したら次の段階です。

USBデバッグのチェックをオン 

端末の設定を変更します。機種により若干の違いがあるのでご注意を。

設定 > 開発者向けオプション > USBデバッグ

にチェックを入れます。

USBデバッグON

開発者向けオプションが無い場合

Android4.2以降は

以下のビルド番号という項目を7回以上タップしましょう。

設定 > 端末情報 > ビルド番号

ビルド番号がどこにあるかは機種により違いますが「機種名 開発者向けオプション」で検索すればすぐに見つかります。

Android2.3(古い機種)は

下の場所にUSBデバッグがあるのでオンにしましょう。

設定 > アプリケーション > 開発 > USBデバッグ

以上で端末側の下ごしらえは完了です。 

Step2へ(設定ツールの実行方法)

パソコンを持っている人はこちら
 frepを実行できるようにしよう(Android+パソコン)

Android2台あるよって人はこちら
 frepを実行できるようにしよう(Android×Android)

コメント一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です