画像認識を高速化するテクニック

画像認識を使用する場合、なにも考えずにやるとけっこう遅くてびっくりします。それを高速化するためのテクニックを紹介したいと思います。

撮影タイプをBMP(高速)に変更

frepの設定を変更します。1度設定すればそれ以降は特に意識する必要はありません。
frepを起動して「オプション>システム設定>撮影タイプ」を「BMP(高速)」にします。
圧縮処理を省くことで認識処理速度が向上します。

撮影タイプ変更

マスク機能を有効活用する

画像認識の設定をする際に認識する範囲(ピンク枠)を設定する以外に、認識に使用しない範囲を塗りつぶす機能(マスク)の設定ができます。
設定方法次第で処理速度がかなり向上します。

こちらは画像認識ごとにそれぞれ設定が必要です。慣れるまでは面倒ですが処理速度にかなりの差がでるので必ず覚えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です